初めての野外フェスもこれで安心!夏フェスの持ち物・ファッションを紹介

ライブ・フェス参加ガイド

夏の野外フェス、何を持って行ったらいいの?何を着て行ったらいいの?という方のために、持ち物リストとコーディネート例をまとめました!
 
夏フェスに行く予定がある方はぜひ参考にしでください!
 

スポンサーリンク

夏フェス 基本的な持ち物

 
夏フェス 持ち物
 
チケット・リストバンド
これがないと入れません!忘れずに!
 
お金
IDやクレジットカードを使えるフェスもありますが、会場によっては現金のみなので、事前に確認して持って行きましょう!
 
サコッシュなど小さめのバッグ
会場まではリュックなどで行き、会場では必要最低限のもの以外はクロークに預けて小さめのバッグで身軽に楽しみましょう!
 
スマホ・モバイルバッテリー
タイムテーブルやご飯の情報もスマホで見られます。会場内で充電できる場合もありますが、混み合うのでモバイルバッテリーを持って行きましょう。
 
タオル
暑くて汗を掻くし、日除けにもなるので必須!
 
日焼け止め・日焼け止めサプリ
何度も塗り直しましょう。塗り直すのが面倒な人は、サプリもおすすめ!
 
レインコート・折りたたみの傘
雨に備えて雨具の準備を。会場内では傘をさせないのでレインコートを用意しましょう。
 

夏フェスにあると便利なもの

 
ウェットティッシュ
野外だと砂で汚れるのでウェットティッシュがあると便利。
 
汗拭きシート
汗のベタつきも屋外の砂っぽさも拭き取れます。
 
レジャーシート
小さめのものがあるとどこでも座れて安心。
 
ペットボトルホルダー
小さいバッグに飲み物が入らなそう!という場合、ペットボトルホルダーがあると便利。
 
飲み物
もちろん会場にも売っていますが、会場に入るまでに並ぶこともあるので、持参しましょう。
 
絆創膏
靴擦れや怪我などに備えて何枚かあると便利。
 
虫除けスプレー
野外フェスでは虫がいるので虫除けスプレーを持って行きましょう。
 
着替え
Tシャツ、下着などの着替えがあると安心です。
 
帽子
会場内では日傘禁止の場合が多いです。帽子を持って行きましょう。紐付きがおすすめ!
 

夏フェス ファッション コーディネート

 
夏フェスファッションのポイントはこの3つ。
 
・Tシャツなど動きやすく着替えやすい服
・砂が入るのでサンダルよりスニーカー
・帽子を忘れずに!

 
これを踏まえて、夏フェスに行くときのコーディネート例をご紹介します!
 
フェス デニム Tシャツ
 
デニムにTシャツというシンプルな格好◎
 
フェス Tシャツ ショーパン
 
夏はショーパンも◎
 
フェス Tシャツ チノパン
 
チノパンは男女問わず一年中おすすめ。
 
フェス Tシャツ スカート
 
Tシャツ×スカートもかわいい。
 
フェス Tシャツ チノスカート
 
▼他のコーディネートはこちらから
フェスをおしゃれに楽しむ!コーディネート&持ち物リスト

事前にチェックしておきたいこと

 
夏フェスに行く前に事前にチェックしておきたいことをご紹介します。
 

タイムテーブル

 
どうやって回ろうか事前に考える時間からすでに夏フェスは始まっている!
 

交通手段

 
地方で開催されることが多く、駅から遠い会場がほとんどなので、アクセスは事前にチェックしておきましょう。ロッキンのように東京や横浜などから会場に直通のバスがあるフェスもあるので、利用すると便利です。
 

支払い方法

 
会場内のお店などで現金以外の決済ができるのかチェックしておくと便利。
 

フェス飯

 
フェスの楽しみの一つがフェス飯。何を食べたいか公式HPなどでチェックしておきましょう。どこも並ぶので、スケジュールに余裕を持って。
 

会場内マップ

 
屋外の野外フェスはステージごとの距離が離れています。一番近いステージでも移動に10分くらいかかることも。「遠すぎて目当てのアーティストに間に合わない〜〜!」ということがないように、事前にチェックしておきましょう。
 

準備万端で夏フェスを楽しもう

 
暑い中屋外で一日中過ごすことになるので、思っている以上に体力が消耗されます。暑い中、いい音楽がずっと流れている空間は最高すぎるので、できることは準備して夏フェスを全力で楽しみましょう〜〜!
 

コメント