フリマ初心者向け!これを見れば準備完了!初めてでも儲けが出る方法

ファッション

季節の変わり目に、衣替えをする人は多いですよね。
その時「この服今年は着なかったな~~」と思うこと、ありませんか?

そんな服は、フリーマーケットで売って断捨離しちゃいましょう!

衣替えの度にフリーマーケットをしているわたしが、フリマ初心者の方向けに、知っておくと嬉しい情報を紹介します!

・会場選び のポイント
・商品選びのポイント
・金額設定(会場ごとの相場)
・商品配置
・前日までの準備
・当日の流れ

について紹介します!
初心者でも儲けが出るコツをお伝えするので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

売りたいもので会場を選ぶ

フリーマーケットは、1年中たくさんの会場で開催されています。初めてのフリマの時は、どこでやればいいのかわからないですよね。

出店する会場選びに困ったら、売りたいものを基準に会場を選ぶことをおすすめします!
同じ都内でも、会場によって売れる商品が違うからです。

ここでは、各会場ごとの特徴や、客層、売筋商品を紹介します!

都内のフリーマーケット会場 代々木公園

フリマと言えばここ!代表的な会場です!
朝早い時間だと、古着屋さんのバイヤーさんなどが仕入れに来ていることもあります。
もともと良いブランドのものは、早めの時間に高値で売れる傾向にあります。

代々木公園でのフリーマーケットの特徴

●出店数 約400店
●客層 10代~50代
●男女比 5:5
●アクセス 
JR「原宿」駅、東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅より徒歩5分

代々木公園でのフリーマーケット 売れ筋商品

原宿という場所柄、若い方向けの服が売れやすいです!
小学校高学年くらいの子供向けの服、幼児向けの子供服もよく売れます。
また、小さな子供が多いので、ヘアアクセサリーやぬいぐるみなどの小物が意外とよく売れます!

都内のフリーマーケット会場 大井競馬場

大井町競馬場も、フリーマーケットとして有名な会場。競馬場というだけあって、会場付近は少し馬の匂いがします(笑)

衣類の他にも、食器や生活雑貨を出品されている方も多く、蚤の市のような印象です。

立体駐車場の下が会場なので、直射日光に当たることなく楽しめます!(※混雑時は屋根がない2階への案内になることもあるそうです)

大井町競馬場でのフリーマーケットの特徴

●出店数 約600店
●客層 30~50代
お客さんの年齢層が高いのと、外国人観光客が多いです。
●男女比 4:6
●アクセス 
京急線「立会川」駅から徒歩10分、東京モノレール「大井町競馬場前」駅より徒歩3分

大井町競馬場でのフリーマーケット 売れ筋商品

お客さんの年齢層が高いので、衣類は客層に合わせたものや、年齢を問わず使える靴やバッグが人気です。

また、外国人の方が多いので、光る物(ペンライトなど)や、扇子などが人気です!

都内のフリーマーケット会場 駒沢オリンピック公園

こちらも有名な会場です。
小さい子供連れの家族や、犬の散歩で来ている人が多く、眺めているだけでも癒される空間です。
とても綺麗な公園なので、個人的に好きな会場です!

駒沢オリンピック公園のフリーマーケットの特徴

●出店数 約200店
●客層 20~40代、子供
●男女比 4:6
●アクセス 
東急田園都市線「駒沢大学」駅より徒歩15分

駒沢オリンピック公園でのフリーマーケット 売れ筋商品

ファミリーで来ている方が多いですが、よく売れるのは女性向けの衣類です。
主婦層の方が多いので、30〜40代の方向けの衣類がよく売れます。

他の会場に比べて、値切りをする人が少ないような気がします。
ただ、全体的に元の値段を低めに設定している出品者が多いので、周囲の出品者を参考に値段を決めてみても良いかもしれません。

都内のフリーマーケット会場 吉祥寺パルコ屋上

古着屋さんがたくさんある吉祥寺の会場。
普段から古着を着ているお客さんが多いのと、パルコの屋上ということで、ファミリーも多く来ます。

吉祥寺パルコ屋上でのフリーマーケットの特徴

●出店数 約100店
●客層 20~60代
●男女比 4:6
●アクセス 
JR線、京王井の頭線「吉祥寺」駅より徒歩2分

吉祥寺パルコ屋上でのフリーマーケット 売れ筋商品

お客さんの年齢層は幅広いですが、40〜50代くらいの年齢層が高めの方の方がお洋服を買ってくださる傾向にあると思います。

ユニセックスのものや、年齢を問わず着られる服がよく売れます。

フリーマーケットで売るものを選ぶコツ

不要になったものを売るのがフリーマーケットですが、何も考えずに本当にいらないものを持っていくのでは、売れるものも売れません。

売るものを選定するときのポイントを紹介します!

成人女性が着ていた服でも、痩せ型の方だとなかなか売れない傾向にあります。

「服のサイズが小さくて着れない…」と言われることはよくあります。

そのため、スカートやパンツはウエストがゴムになっているもの、トップスもあまりタイトじゃないものがよく売れます。

また、フリマでは試着ができないので、試着しなくてもイメージしやすいトップスや、その場で羽織ることができるアウターが売れやすい傾向にあります。

フリーマーケット当日の持ち物リスト

事前に用意したいもの、当日の持ち物を紹介します。
初めてのフリマで、何を持って行けばいいか迷ったら、チェックリストとして利用してください!これだけあれば困らないはず!
 
■レジャーシート
■マジックと紙
■ガムテープ
■ウェットティッシュ
■紙袋
■鏡
■お釣り
■お金を入れる入れ物

 
当日の準備の詳細や、持ち物を準備するときのポイントは『フリーマーケット当日の流れ 売れる商品レイアウト・準備・服装・食事』という記事で紹介しているので、参考にしてみてください!

フリーマーケットの金額設定

フリマでは、値引き交渉は当たり前です。
最初からもともとつけた値段で買ってくれる人の方が少ないです。

そのため、売れてほしいと思う金額より少し高めに設定しておきましょう。

利益を出すための詳しい値段設定の方法や、値引きの方法についてはこちらの記事でまとめたのでぜひ参考にしてください!

フリーマーケット当日に知っておくと嬉しいこと

ここからは、フリーマーケットの当日に知っておくと嬉しいことについて紹介します。
 
フリマ当日は、まず受付をし、指定のブースで店開きをします。朝9〜10時くらいから、夕方15〜16時くらいまで外にいることになるので、水分補給や日焼けの準備をしておきましょう!
 
フリマでたくさん売るためには、商品のレイアウトと着て行く服が重要です!
 
どんなレイアウトがいいのか、どんな服がいいのかについては
・フリマ当日の具体的な流れ
・商品をよく見せるレイアウト方法
・フリマ当日の食事
・フリマに着て行く服

と一緒に、下記の記事でまとめているので参考にしてみてください!

フリマを楽しみましょう!

せっかくフリマをするなら、楽しむのが一番!
事前に準備をして、万全の状態で楽しみましょう♪

最後まで見ていただいてありがとうございました!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] フリマ初心者向け!これを見れば準備完了!初めてでも儲けを出す方法 […]

  4. […]   ▼関連記事 フリマ初心者向け!これを見れば準備完了!初めてでも儲けが出る方法 […]