【フリーマーケット】初めてでも儲けを出すための値段設定・商品準備

ファッション

着なくなった衣類や、家にある不要な小物を処分するときに便利なフリーマーケット。
どうせ出店するなら、儲けを出したいですよね!
今回はフリーマーケット初心者でも利益を出す金額設定について紹介していきます。

スポンサーリンク

フリーマーケットは意外と利益が出ない

フリーマーケットは、出店するのにお金がかかります。
会場にもよりますが、2000〜2500円程度の出店料がかかります。そのため、それ以上の売り上げを出さなくては利益が出ません。
 
また、交通費もかかると思うので、その分も考えて利益が出る値段設定をしましょう!
 
少しでも利益を出すために、お友達と2人で出品するのもおすすめです!フリーマーケットの会場では、お友達と共同で出店されている方がとても多いです。

フリーマーケットでの「ブランド物の金額設定」


ブランド物は、比較的高めの値段設定をしても売れる傾向にあります。
ブランド物といっても、ハイブランドである必要はなく、みんなが知っているメーカーのものなら高めの設定で売れます。
 
例えばわたしの場合、ニューバランスのスニーカーは2500円リリーブラウンのカーディガンは1500円で売れたことがあります。
 
ブランド物の金額設定をするときに参考にするのが、メルカリです。
 
メルカリで同じブランドの同じような状態の商品がどれくらいで売れているのかチェックし、その金額より500円マイナスくらいを初期設定にします。
 
メルカリは送料が含まれているため少し高めの設定になっているので、フリマのときは少しマイナスくらいがちょうどいいと思います。
 
まずはメルカリよりマイナス500円で設定し、売れ行き次第で徐々に金額を下げていきましょう。

フリーマーケットでの「ノーブランドの金額設定」


ノーブランドの服や、ユニクロやGUなどの元値が安い服の場合は、だいたい同じような金額に設定する方が売れやすくなります。
 
お客さんから見て、「このあたりに置いてあるのは全部500円か」とわかりやすい方が手に取ってもらいやすいからです。
 
商品を並べる時も、500円コーナー、300円コーナー、100円コーナーというように、金額ごとに分けて配置しましょう。
 
わたしはいつも、ノーブランドの場合は、だいたいこんな感じで金額設定をします。
 
■800円
・アウター
・バッグ
 
■500円
・ワンピース
・ブラウス
・スカート
・デニム
・ニット
 
■300円
・キャンパス地のトートバッグ
・スウェット
・ノースリーブ
・Tシャツ
 
■100円
・ヘアアクセサリー
・小物

金額設定のポイント

計算がしやすいし、お釣りを渡すのもスムーズなので、100円単位で設定するのがおすすめです。
あとは、金額をあまり細かく設定しないこと!自分でもどれがいくらなのかわかりにくいし、お客さんにもわかりにくくなってしまいます

フリーマーケット会場の相場を確認する

その日のフリーマーケット会場の相場を確認することも大切です。
お客さんは当然他の出店者の方も見ているので、自分のところだけやたらと高い金額設定だと売れなくなってしまいます。
 
逆に、やたらと安い金額設定だと、なんとなく損した気分になります(笑)
 
まずは自分が決めた金額設定で出し、商品を並び終えて落ち着いたら、会場内を一周して他の出店者の方のブースを見るのが良いと思います。

自分が納得のいく金額設定を

ブランドのものでも、ノーブランドのものでも、「この金額で売るくらいなら自分で着た方がいいな」という妥協点を決めておきましょう。
 
無理して金額を下げてまで売ると、利益も出ないし後悔することになります。
 
ちなみにわたしは、売ろうと思って持って行ったのにかわいく見えてきて持ち帰ることがよくあります(笑)

フリーマーケットでの値下げについて


フリマでは、基本的に値下げ交渉されると思って金額設定をしましょう。
先程紹介した金額設定も、値引きされる前提でつけています。
 
単品の購入で「半額にしてほしい」と値切られることもあれば、「500円のものを2つ買うから2つで800円にしてほしい」という値切りもあります。

値下げ後にいくらで売りたいから決めておく

わかりやすいように、
もともと500円のものは300円で売る、
もともと300円のものは100円で売る、
というように、自分の中で決めておくとすぐに値引き交渉にも対応できます。
 
わたしは、在庫を減らすという意味でも、複数購入してくださる方には大幅に値下げしています!

お昼を過ぎたら半額にしよう

フリーマーケットで利益を出すためには、できるだけたくさん売ることが大事!
お昼を過ぎても売れ残っているものは、思い切って半額にしましょう!
 
そのとき、安くなったことがわかるように、元値を書いた紙に赤字で値下げ後の金額を書くと、一目でお得感が伝わるのでおすすめです。
 

フリーマーケットで利益を出すために必要な点数


フリーマーケットで利益を出すには、ある程度の点数が必要です。
 
ブランドのものを5品だけ持って行っても、全部売れるとは限りません。
基本的には全部売るのは難しいので、品数はたくさん用意しておいた方が良いです。
 
出店料が2500円だとして、全て300円で売れたとしても、利益を出すには9着の服が必要です。
 
交通費のことや、その日のランチ代くらいは浮かしたい〜〜と思うなら、20着以上は用意した方が良いと思います!

フリーマーケットで利益を出す方法まとめ

フリーマーケットで利益を出すための金額設定や、商品の準備について紹介してきました。
 
・基本的に値引き交渉される
・会場の相場もチェックする
・お昼すぎから値引き開始
・品数はできるだけたくさん用意する

 
この4つを意識して出品すれば、初めてのフリーマーケットでも利益を出すことはできます!
 
ぜひ参考にしてみてください。
 
フリマの会場選びのコツ・準備・持ち物リストなどを詳しく見る▶︎
 
フリマ当日の流れについて詳しく見る▶︎
 

ファッション
スポンサーリンク
タナカノコをフォローする
ack.

コメント